利尻山 北海道
標高1721m
2004年6月
9歳
 尾 バ ン   こ 場 支   の   ぶ B 用 つ   宿 携 る き   ス 林   
 根 メ グ キ と の 度 雨 だ 是 る O を い こ 泊 帯  °る 利 カ 風 早 
 道 オ 組 ャ に コ を が  °非 清 X 足 た の 施 ト   ブ 尻 l└┘朝 
 に モ と ン す l 行 降    `潔 が し よ 携 設 イ   l 山 で の 5 
 入 ト 分 プ る ス う り   屋 で 置 た う 帯 で レ   ス に 送 オ 時 
 っ を か 場  °な  °そ   久 あ い ら な ト も は   と は っ l 3 
 て み れ を   の 出 う   島 る て 自 構 イ 申 登   専 普 て ナ 0 
 急 な る 抜   で 発 な   に  °あ 分 造 レ し 山   用 通 頂 l 分 
 坂 が  °け    `前 空   も 山 る で で は 出 口   の の く に  `
 に ら こ 東   食 に 模   こ 全  °お  `大 れ の   ド ト  °登 ペ 
 な の の 屋   事 オ 様   の 体 そ 持 ジ き ば ト   l イ   山 ン 
 っ 快 あ を   は ニ で   シ も の ち ッ な 頂 イ   ナ レ   口 シ 
 て 適 た 超   少 ギ 雨   ス 清 お 帰 プ ビ け レ   ッ は   の ョ 
 く な り え   量 リ 合   テ 潔 か り が ニ る や   ツ な   キ ン 
 る 道 は た   づ を 羽   ム 感 げ が 付 l  °案   型 い   ャ グ 
  °で ま と   つ 一 ・   を が で 原 い ル   内   の  °  ン リ 
 最 あ だ こ   分 個 ス   導 あ ト 則 た 袋   所   椅 携   プ l 
 初 る 平 ろ   散 頂 パ   入 っ イ  °袋 に   で   子 帯   場 ン 
 の  °坦 で   し く ッ   し た レ 登 に 紙   無   が ト   ま ウ 
 展   な  `  て  °ツ   て  °ブ 山 入 オ   料   あ イ   で イ 
 望   樹 姫   取 今 を   頂   l 口 っ ム   で   る レ   ワ ン 
 が   林 沼   っ 日 装   き   ス に て ツ   頂   だ を   ン ド 
 開   帯 ハ   て は 着   た   は は い が   け   け 利   ボ ウ 
 け   で イ   い 長 し   い   す 回 る く   る   で 用   ッ┌┐
 た   ツ キ   く 丁 身   も   こ 収  °っ    °  あ で   ク 群 
                                               
  
 強 
 風 
 と 
 急 
 坂 
 の 
 十 
 一 
 時 
 間 
   
 利 
 尻 
 山 
   
   
   

   後 せ ら   ふ 正 広   て   
 下 の て は 赤 さ な が ハ あ 五 
 り 難 く し い わ 山 る イ る 合 
 用 所 れ ば 屋 し 容 稜 松  °目 
 に で る ら 根 い が 線 の   を 
 ロ あ が く の 姿 眼 に 枝   過 
 l る  `の 避 で 前 で に   ぎ 
 プ  °赤 間 難 あ に る 頭   て 
 が   い は 小 る 現  °を   か 
 張   火 春 屋  °れ 八 し   ら 
 ら   山 の を   る 合 こ   は 
 れ   灰 花 通    °目 た    `
 て   の が り   雪 付 ま   各 
 い   砂 道 過   が 近 ぶ   合 
 る   礫 の ぎ   残 で つ   目 
  °  の 両 て   っ あ け   付 
 足   景 側 九   た る な   近 
 下   色 に 合   そ  °が   に 
 が   に 咲 目   の 少 ら   ト 
 火   変 き に   姿 し 進   イ 
 山   わ 乱 向   は 進 ん   レ 
 礫   る れ か   百 む で   ブ 
 で   と 目 う   名 と い   l 
 ず   い を  °  山 利 く   ス 
 る   よ た 九   の 尻 と   が 
 ず   い の 合   1 山 眼   設 
 る   よ し 目   番 の 前   置 
 滑   最 ま か   に 端 が   し 
                       

 て ロ ネ を と 天 る ど て た る と 
 ペ ゴ ル 持 言 気  °ん い 礼  °こ 
 l ロ の ち っ 予 雨 ど る 文 そ ろ 
 ス と 中 な て 報 も ん 様 島 こ が 
 が し の が い で 時 強 子 が か 五 
 上 た 急 ら た 天 折 く が 海 ら 合 
 が 石 坂 ハ が 気 叩 な 見 上 は 目 
 ら が を イ 一 は き っ え に  `あ 
 な 邪 進 松 抹 良 つ て る 横 昨 た 
 い 魔 む の の く け き  °た 日 り 
  °を  °ト 不 な る て 風 わ 歩 で 
   し ゴ ン 安 る  °い が っ い あ 
                         

楽 で   で   ら 山 い   見   グ 取 か ん   こ い り 
し  `岳 迎 そ な と  °下 渡 ち ラ り ら  `そ ま 最 な 
み こ 史 え ん い な 登 り せ ょ ム で  `先 ん で 後 が 
で れ は に な  °っ 山 も る う 軽 ど 行 に な 5 の ら 
あ が  `来 時   た 口  `頂 ど か ん っ 行 時 時 火 の 
る 一 最 て  `   °に 急 上 お っ ど て っ  `間 山 急 
 °つ 長 く 携   ま 戻 坂 で 昼 た ん も て 後 以 礫 坂 
  の 不 れ 帯   だ っ で あ 頃 ら 登 い い ろ 上 の 登 
   基 倒 る が    `た あ る  `と っ い い に  `登 り 
   準 登  °鳴   宿 の る  °祠 思 て よ ? ぴ 急 り で 
  と 山 ま っ   ま が が 遠 の う い└ └  っ 坂 で あ 
  な 時 さ た   で 午 た く あ の く と と た を  `る 
  る 間 に  °  舗 後 め に る は  °返 の り 登 足  °
  だ の 渡 ペ   装 5 な  `頂 こ 自 答 一 つ っ が 頂 
   ろ 1 り ン   道 時 か 樺 上 の 分 し 言 い て な 上 
  う 1 に シ   路  °な 太 に 時 も た  °て き か ま 
   °時 舟 ョ   を 1 か の 到 だ 体 と  ┐き て な で 
  こ 間 で ン   3 1 ペ 一 着 け 重 た 頂 た い か 3 
  れ を あ の   0 時 l 部  ° °が ん 上 岳 る 前 0 
  か 体 っ オ   分 間 ス が 島   あ  `は 史  °に 分 
  ら 験 た l   歩 の が 見 を   と 軽 す が   で も 
  の し  °ナ   か 日 上 え 3   1 や ぐ  ┐  な か 
  登 た   l   ね 帰 が る 6   0 か そ お   い か 
  山 こ   が   ば り ら  °0   キ な こ 父    °ら 
  が と   車   な 登 な   度   ロ 足 だ さ   こ な