礼文島縦走 北海道礼文郡礼文町
2004年6月
9歳

浜中出発地点

レブンアツモリソウ
 た し も   に く   路 広 同   い 憐 ン 開   モ パ こ   フ   ツ 発 の   
 な た と 途 入  °膝 で が じ レ る な ア 園 1 リ ラ れ 浜 ェ 前 モ し 東 朝 
 い ら も 中 っ 時 ぐ あ る ア ブ  °薄 ツ 前 5 ソ パ か 中 リ 日 リ た 海 一 
 た し と に て 折 ら る  °ス ン   い モ の 分 ウ ラ ら の l  `ソ い 岸 番 
 め い こ 暴 く 振 い  °そ フ ア   ク リ た ぐ の と 縦 バ で 名 ウ と 沿 の 
 暴  °こ 風 る り ま   の ァ ツ   リ ソ め ら 群 雨 走 ス 香 古 の こ い ス 
 風 そ の 柵  °返 で   中 ル モ   l ウ 施 い 生 が し 停 深 屋 群 ろ を コ 
 柵 の 笹 な   る の   を ト リ   ム を 錠 歩 地 降 よ で に 空 生 だ 進 ト 
 で 復 地 る   と 背   1 道 ソ   色 見 さ く ま っ う 降 入 港 地 が み ン 
 苗 元 帯 も   ス の   の を ウ   の る れ と で て と り っ か を  `浜 岬 
 を で は の   コ 低   筋 進 の   花 こ て レ ア い す る た ら 見 ち 中 行 
 守 植 森 が   ト い   が む 写   を と お ブ ス る る と の 期 て ょ で き 
 っ 林 林 あ   ン 笹   通  °真   誇 に り ン フ  °女 す は 間 縦 っ 下 の 
 て さ 地 ち   岬 の   っ し 撮   ら な 中 ア ァ こ 性 ぐ 夕 限 走 と 車 バ 
 い れ 帯 ら   や 中   て ば 影   し っ に ツ ル こ に に 方 定 路 シ  °ス 
 る て で こ   ス の   い ら 会   げ た は モ ト で と 清 で の に ョ 本 に 
 と い  `ち   カ 道   る く が   に  °入 リ 道 雨 っ 潔 あ 稚 入 l 来 民 
 い る 何 ら   イ を    °進 終   こ そ れ ソ を 支 て な っ 内 る ト な 宿 
 う け 度 に   岬 た   こ む わ   ち れ な ウ 進 度 は 公 た 行 こ カ ら 前 
 こ ど か 設   が ん   れ と り   ら で い の む も あ 衆  °き と ッ ス か 
 と  `の 置   絶 た   が 笹  `  に も  °保  °し り ト   の に ト コ ら 
 だ 風 山 さ   景 ん    `の こ   見  `柵 護   て が イ   飛 し し ト 乗 
  °が 火 れ   と と   礼 丘 こ   せ 何 越 地   レ た レ   行 た て ン る 
   強 事 て   な 登   文 が ま   て 株 し に   ブ い が   機  °レ 岬  °
   く で い   っ っ   島 眼 で   く か に 到   ン 存 あ   に   ブ か 礼 
   て 焼 る   て て   縦 前 来   れ は レ 着   ア 在 る   乗   ン ら 文 
   育 失  °  目 い   走 に た   て 可 ブ  °  ツ だ  °  り   ア 出 島 
                                      °              




 お 
 花 
 の 
 浮 
 島 
   
 礼 
 文 
 島 
 縦 
 走 
   
   
   
   
   


アナマ砂ばしり

アナマ海岸

宇遠内
 る   変 現 る   取 結 面 い   い レ   進 た に   を 花   
  °礼 更 在 宇 岩 る 構 を る ア せ ブ ア む り 感 途 楽 が 笹 
 時 文 さ は 遠 が  °な 下 魚 ナ い ン ナ  °し 動 中 し 咲 が 
 期 林 え 落 内 ゴ   急 り ま マ か ウ マ   な し  `み き 消 
 は 道 て 石 ま ロ   斜 ア で の 時 ス の   が  `森 な 乱 え 
 早 の い の で ゴ   面 ナ も ガ 期 ユ ガ   ら レ 林 が れ る 
 か 終 る 危 進 ロ   で マ 見 レ が キ レ   タ ブ 地 ら て あ 
 っ 点  °険 む と   ロ 海 え 場 早 ソ 場   ネ ン 帯 ア い た 
 た 手   が  °あ   l 岸 る に い ウ に   ト ソ に ナ る り 
 が 前   高 昔 り   プ に  °到 せ の 出   ン ウ 入 マ  °か 
  `に   い は 歩   を で こ 着 い 花 る   ナ┌┐り 海 こ ら 
 い レ   た こ き   頼 る こ し か を 1   イ チ 小 岸 こ 両 
 く ブ   め の づ   り  °か た ち 付 k   川 シ 鳥 ま か 側 
 ら ン   香 ま ら   に 現 ら 時 ょ け m   を マ の で ら の 
 か ウ   深 ま い   下 在  `は っ て ほ   横 ゲ さ 約  `丘 
 の ス   井 海 海   る は  ┐ `と い ど   に ン え 3 礼 や 
 花 ユ   林 岸 岸    °階 砂 天 痩 る 手   緩 ケ ず 時 文 谷 
 を キ   道 沿 沿   到 段 ば 気 せ 株 前   や か り 間 島 は 
 見 ソ   ↓ い い   着 が し も て と で   か も を の の お 
 る ウ   礼 を を   し 作 り よ い 出 エ   な└┘楽 道 背 花 
 こ の   文 元 バ   た ら└  く る 会 l   U の し の 骨 畑 
 と 群   林 地 イ   ア れ と な  °う デ   P 群 み り み の 
 が 生   道 ま オ   ナ て 呼 り    °ル   ・ 生  `だ た よ 
 で 地   の で 公   マ い ば 海   日 ワ   D 地 右  °い う 
 き の   山 行 衆   海 る れ の   の イ   O で 手   な に 
 た 保   の け ト   岸 が て 中   当 ス   W 写 に   稜  `
  °護   中 た イ   で そ い の   た の   N 真 見   線 い 
   地   の の レ   昼 れ る 泳   り 仲   の を え   を ろ 
   が   道 だ の   食 で 急 い   が 間   道 撮 る   お ん 
   あ   に が あ   を も 斜 で   悪 の   を っ 海   花 な 
                                           


レブンソウ?群生地

スカイ岬
 は て   小 3 こ   よ の が 遊   リ リ っ な   風 霧   こ 4   
 日 み 2 1 0 が 後 く 上 何 歩  ┐を 群 て り 展 が で ガ こ 時 礼 
 本 ん 日 時 分 知 は わ に 本 道 元 見 生 い 霧 望 吹 ソ ス で 間 文 
 百 な 間 間 も 床  `か 横 か が 地 る 地 る も 地 い フ が 身 の 島 
 名 を か か あ の 黙 ら た 見 り 灯 こ が  °少 か て ト か 支 コ 縦 
 山 グ け け る 街 々 な わ ら そ 台 と あ 桃 し ら い フ か 度 l 走 
 最 イ て て  °で と い っ れ こ└  が る 岩 晴 南 る ォ っ を ス 2 
 北 グ の 歩 結 あ 林  °て る に を で  °遊 れ に  °l て 整 を 日 
 の イ 礼 く 局 る 道   る  °に す き ピ 歩 て 延 桃 カ お え 行 目 
 山 と 文 こ  ` °を   様 海 入 ぎ た l 道 き び 岩 ス り て く  `
  ┐引 島 と フ 到 知   子 を っ  ` °ク の た る も が  `展  °桃 
 利 っ 縦 に ェ 着 床   が の て 知   は 終  °縦 霧 か 視 望 バ 岩 
 尻 張 走 な リ し ま   点 ぞ み 床   終 点 海 走 の か 界 地 ス 展 
 山 っ は っ l た で   と き る に   わ  ┐岸 路 た っ は へ 停 望 
└  て 終 た タ の 歩   し 込  °向   り 元 に を め て あ 出 か 地 
 に い わ  °l は く   て む 崖 か   か 地 落 進 ほ 見 ま 発 ら か 
 挑 く っ   ミ よ  °  み と の っ   け 灯 ち む と え り  °少 ら 
 戦  °た   ナ い 小   え と 付 て   で 台 込  °ん る よ   し 礼 
 だ 頼  °  ル け 学   る ゴ 近 南   あ└  む し ど  °く   登 文 
 ! も 岳   な ど 校    °マ に 下   っ に 斜 ば 見 展 な   っ 島 
   し 史   で バ が   双 フ は す   た 向 面 ら え 望 い   た 最 
   く は   の ス 見   眼 ア レ る   が か は く な 地  °  所 南 
   な い   ア の え   鏡 ザ ブ  °   `う す 進 い に キ   に 端 
   っ つ   ス 時 て   で ラ ン 途   何  °べ む 状 立 ン   ト の 
   て も   フ 間 き   の シ ス 中   本 途 て と 態 つ バ   イ 知 
   き 先   ァ ま て   ぞ の ス  `  か 中 お  `だ と イ   レ 床 
   た 頭   ル で き   か 集 ユ お   の に 花 風  °猛 の   が ま 
    °に   ト 1 た   な 団 キ 花   ク ク 畑 も   烈 黄   あ で 
   明 つ   道 時 ら   い が ソ 畑   ロ ロ と 弱   な 色   り の 
   日 い   を 間 そ   と 岩 ウ の   ユ ユ な く   強 が    `約 
                                               

   
   
 礼 
 文 
 島 
 縦 
 走 
 2 
 日 
 目 
   
 桃 
 岩 
 遊 
 歩 
 道