御嶽山 長野県王滝村
標高3067m
2003年8月
8歳
 に は 午 目 差 し   み を 上 あ 1 間   入 発   い 御 き し   
 降 午 後 の が て 帰 が 征 到 る 1 を 御 っ  °早 そ 嶽 れ て 今 
 り 後 4 手 大 問 り こ 服 着 急 時 屋 岳 て 御 朝 の 山 る 小 回 
 な 5 時 前 き 題 午 ぼ し 午 な ス 久 ロ し 嶽  `様┌┐か 学 は 
 い 時 を で い が 後 れ た 後 上 タ 島 | ま の 御 子 標 ? 2  `
 と  °指 雷 た 発 2 て 満 2 り | 縦 プ い 麓 岳 を 高 の 年 屋 
 間 大 し を め 生 時 い 足 時 坂 ト 走 ウ ロ に ロ 見 3 確 生 久 
 に 人 て 伴 か  °3 た 感  °が  °と ェ ス 入 | て  `認 の 島 
 合 の い う ペ 足 0  °・ 岳 続 途 同 イ タ っ プ 決 0 の 岳 の 
 わ ペ た 夕 | が 分   達 史 く 中 じ 駅 イ て ウ め 6 た 史 長 
 な |  °立 ス 張 頂   成 の 道 八 荷 か ム か エ よ 7 め が 丁 
 い ス ロ ・ が っ 上   感 顔 を 合 物 ら 4 ら イ う m の 荷 場 
  °・ | 土 上 た を   を は 順 目 を 頂 0 田 を と└┘登 物 の 
   休 プ 砂 が の 出   感  `調 で 背 上 分 の 目 考 日 山 を 道 
   憩 ウ 降 ら か 発   じ 3 に 昼 負 往  °原 指 え 帰 で 背 の 
   な ェ り な  ` °  た  `登 食 わ 復   方 し た り 8 負 り 
   し イ  °い 下 し   満 0 り  `せ の   面 て  °登 月 っ を 
   で の 時  °り ば   面 6 き 溶 て 約   の 家   山 の て  `
   一 最 計 8 の ら   の 7 り 岩 午 5   道 を   を 末 歩 果 
   気 終 は 合 段 く   笑 m 頂 の 前 時   に 出   行  `き た 
                                             
   
 信 
 仰 
 と 
 試 
 練 
 の 
 山 
   
 御 
 嶽 
 山 
   
   
   
   
   
   

長野県木曽郡三岳村
 TEL0264−46−2525 
   い ロ け | 顔 目   え 
 こ て |  `ス は 指 土 た 
 れ き プ 私 に ゆ し 砂  °
 な た ウ は つ が て 降   
 ら 息 ェ 息 い み 歩 り   
 屋 子 イ 子 て  `き の   
 久 の に を く 口 始 中   
 島 ど 滑 励 る は め  `  
 も 根 り ま  °へ る ペ   
 大 性 込 し 後 の  °|   
 丈 と ん て ろ 字 張 ス   
 夫 成 だ の か と っ を   
 と 長  °1 ら な た 上   
 確 に 泣 時 は り 足 げ   
 信 目 き 間  `必 を て   
 し を 言  °妻 死 引 ロ   
 た 細 一 な が の き |   
 登 め つ ん 応 形 ず プ   
 山 る 言 と 援 相 り ウ   
 で  °わ か の で な エ   
 あ   ず 最 声 そ が イ   
 っ   に 終 を の ら 駅   
 た   つ の か ペ  `を   
  °                

 い 岳 ど て さ 歩 を い 間 た プ   
 て 史 う き ん く 入 け 余 ら ウ 岳 
 行 は す て の か れ な 分  `ェ 史 
 く  ┐る 一 ス  `て い に ス イ に 
└  お ? 気 ピ そ 1  °歩 キ に  ┐
 と 父└  に | れ 時 途 か | 乗 も 
 力 さ と 降 ド と 間 中 な 場 れ し 
 強 ん 聞 り に も 余 で く を な  `
 く に い る つ お 分 休 て 1 か ロ 
 答 つ た か い 父 に 憩 は 時 っ | 
      °