守屋山 長野県高遠町
標高1631.2m
2000年6月
5歳


 な た   山 が 出 樺 ハ   ベ に わ 進   替 入   口 越   を イ   
 い い 山 頂 途 す の ル こ ン は っ む 登 え ら 岳 に え 諏 つ ス ザ 
  °と 頂 だ 切 汗 新 ゼ こ チ  `て  °山 ・ な 史 は た 訪 れ ハ ゼ 
 こ こ か  °れ を 緑 ミ か も 小 巨 ザ 口 組 い は 車 す I て イ ン 
 こ ろ ら こ る 拭 の の ら あ 屋 大 ゼ よ み 様  `を ぐ C 守 キ ソ 
 で だ は こ  °い 中 独  `り と な ン り 合 子 登 置 の で 屋 ン ウ 
 昼 が 3 ま 岩 な  `特 い 休 ち 葉 ソ 行 わ  °山 け 所 降 山 グ の 
 食 雲 6 で が が 気 の よ 憩 ょ っ ウ 儀 せ 薄 靴 る ぬ り に の 季 
 を が 0 1 ゴ ら 持 鳴 い に っ ぱ の よ て 手 の ス 杖  `向 足 節 
 取 か 度 時 ツ 足 ち き よ は と だ 群 く 調 ・ フ ペ 突 高 か 慣 は 
 り か の 間 ゴ を よ 声 山 よ し け 生 並 整 中 ィ | 峠 遠 う ら も 
 な っ 展 3 ツ 進 く が 道 い た に 地 ん す 厚 ッ ス 登 に  °し う 
 が て 望 0 し め 高 聞 ら ポ 草 な は だ る の ト が 山 向   の 過 
 ら 視 が 分 た る 度 こ し イ 地 っ  `唐  °靴 感 十 口 か   た ぎ 
  `界 ・ 程 守 と を え く ン の て や 松   下 が 分 が う   め て 
 雲 は ・ 度 屋  `稼 て な ト 広 い は 並   を ど あ あ  °  に い 
 が よ ・  °山 突 ぐ く る だ 場 た り 木   色 う る る 杖   子 た 
 切 ろ と   ・ 然  °る  ° °が  °花 の   々 も  ° °突   ど が 
 れ し 言   東 森 吹  °エ   あ こ は 道   履 気   登 峠   も  `
 る く い   峰 林 き 白 ゾ   る こ 終 を   き に   山 を   達 ス 
                      °                        

 諏 
 訪 
 湖 
 を 
 眼 
 下 
 に 
 展 
 望 
 抜 
 群 
 の 
 山 
   
 守 
 屋 
 山 
 
杖突峠登山口
 向 が   い 八 れ   ヤ タ 
 か き 西  °ヶ る し マ リ 
 う か 峰   岳  °ば カ ッ 
  °な 山   ・ 諏 ら ラ ク 
   い 頂   南 訪 く ス な 
   の┌┐  ア 盆 す ア 青 
   で 1   ル 地 る ゲ 緑 
    `6   プ が と ハ 色 
   ち 5   ス 見  `で の 
   ょ 0   ・ 渡 時 あ 輝 
   っ m   中 せ 々 っ き 
   と└┘  央 る 雲 た が 
   後 ま   ア  °が  °全 
   ろ で   ル 残 切   然 
   髪 行   プ 念 れ   違 
   を こ   ス な て   う 
   引 う   の が  `   °
   か か   展 ら 諏   後 
   れ 迷   望  `訪   で 
   な っ   ま 北 湖   調 
   が た   で ア が   べ 
   ら が   は ル 眼   る 
   下  `  い プ 下   と 
   山 展   か ス に    `
   に 望   な ・ 現   ミ 
                   
 わ   じ が 様 タ れ ま よ い   の 
 れ 時 っ り が l を く う る 山 を 
 る 折 と  `出 ン 見 い と  °頂 待 
 蝶  `し 陰 て に て か す 岳 に つ 
 が カ て る く 気 い な る 史 は  °
 現 ラ い と る が る い が や ト   
 れ ス る 草 と つ と  °足 朱 ン   
 る ア  °や 空 い あ ト 場 里 ボ   
  °ゲ   岩 に た る ン が が が   
 で ハ   の 舞  °行 ボ 悪 捕 群   
 も と   上 い お 動 の く ま れ   
 メ 思   で 上 日 パ 群 う え て