宮之浦岳 鹿児島県屋久島
標高1935m
2003年11月
8歳
 た 性 余 く 屋 く る   し に 眼   前 色 進 最 フ   っ な ら 呼   タ た シ   
  °の 裕 な 久  ° °ま て 子 前 ス の と む 南 岩 こ て に に 吸 雨 | み | 朝 
   ス が っ 鹿 歩 笹 だ い ど に タ ピ 変  °端 が こ 日 透 見 が 合 ト た が 5 
   ペ ほ た の け の ま た も 苔 | | わ 投 の 見 か 頃 明 ら 楽 羽 が い 時 時 
   | と 頃 群 ど じ だ  °達 む ト ク っ 石 高 え ら 貯 度 れ と を 予 で 間 起 
   ス ん よ れ 歩 ゅ  `  は し か に て 平 層 る  `ま が る な 着 定  `に 床 
   を ど う に け う 今    `た ら 向 い で 湿  °1 っ 高  °る て よ 慌 な  °
   作 な や 出 ど た 日   こ よ 約 か く 昼 原 し 時 た く 1  °の り て っ 6 
   っ い く 会  `ん 泊   こ う 6 っ  °食 に ば 間 心 純 時 1 ス 約 て て 時 
   て  °小 え な の ま   が に 時 て 安 の で ら ほ の 水 間 歩 タ 1 代 も に 
   も 何 屋 た か 中 る   海 見 間 い 房 お る く ど ア に ほ 登 | 時 わ 来 予 
   ら と が の な の 新   上 え  °く 岳 弁  °行 で カ 近 ど 山 ト 間 り な 約 
   っ か 見 は か 小 高   の る 屋  ° `当 日 く 高 を い 歩 道  °遅 の い し 
   た 無 え 最 小 径 塚   ア 永 久   翁  °本 と 磐 洗 水 い に パ れ マ  °た 
   が 理 て 高 屋 を 小   ル 田 島   岳 こ 庭  `岳 い を た 入 ラ  °イ 電 タ 
   大 を き の に  `屋   プ 岳 の   の こ 園 小 展 流 見 と る パ 雨 ク 話 ク 
   人 言 た 気 た ぐ ま   ス  °最   笹 か さ 花 望 す た こ と ラ も ロ し シ 
   男 っ  °分 ど ん で    ┐海 高   の ら な 之 所 よ こ ろ ヤ の パ バ て | 
   性 て し 転 り ぐ の   屋 に 峰   じ 先 が 江  `う と に ク 雨 ラ ス 督 に 
   3 詰 か 換 着 ん 3   久 囲  ┐  ゅ は ら 河 そ に が 淀 ス は パ が 促 乗 
   名 め し と け 高 時   島 ま 宮   う  `の ・ の 飲 な 川 ギ  `ラ や す っ 
   は て  `な な 度 間  └  れ 之   た 笹 風 花 左 ん い 小 の 空 し っ る て 
   軒 も 満 っ い を の   で た 浦   ん の 景 之 手 だ  °屋 巨 気 て て と と 
   下 ら 員 た  °下 歩   あ 3 岳   の じ を 江 の  °子 が 木 に き 来 配 思 
   で い 御  °途 げ き   る 6└    麓 ゅ み 河 山   ど 現 が 湿 た た 車 い 
   野 子 礼 周 中 て が   こ 0 に   を う な と の   も れ あ 度  ° °も き 
   宿 ど で り  `降 残   と 度 登   通 た が い 上   達 た ち を   淀 れ や 
   と も 入 が 野 り っ   を の 頂   り ん ら う に   に  °ら 与   川 し  `
   な と れ 薄 生 て て   実 展 し   目 の 先 日 ト   混 こ こ え   口 て タ 
   っ 女 る 暗 の い い   感 望 た   の 景 へ 本 |   じ ん ち  `  ス い ク 
                        °                              

 洋 
 上 
 の 
 ア 
 ル 
 プ 
 ス 
 屋 
 久 
 島 
 縦 
 走 
   
 宮 
 之 
 浦 
 岳 
   

 未 何   タ も 放 く   ほ で た   た い に 島   感 見 大 雨 た 舞   だ 時 い   
 だ を こ ク す さ  °し と は  °雨  °の 出 で 2 動 て 切 に  °台 立  °間 雨 夜 
 に 思 の シ る れ 歩 ば ん  `縄 は 子 広 た も 本 を い に 打 縄 に 派   ほ の 半 
 聞 っ 屋 | と  `け ら ど そ 文 止 ど さ と 指 の 与 た い た 文 出 な   ど 中 か 
 い た 久 を 寡 ほ ど く 登 の 杉 ま も が 思 折 ヤ え  °つ れ 杉 る 木   で  `ら 
 て だ 島 待 黙 っ 歩 進 山 こ を ず 達 あ っ り ク る こ ま て だ と 道    `縄 雨 
 い ろ の た な と け む 口 ろ 見  `は り た の ス 雰 の で い  ° `を   縄 文 が 
 ま う 縦 せ 人 し ど と で 大 に 登  ` `ら ヤ ギ 囲 縄 も る 子 眼 進   文 杉 本 
 せ か 走 て 状  `景  `帰 雨 登 山 株 祠 ウ ク の 気 文 持 こ ど 前 む   杉 に 格 
 ん ? を あ 態 枕 色 ト っ 洪 っ 道 の が イ ス 枝 を 杉 ち と も に と   に 向 的 
  °興 通 る と 木 が ロ た 水 て の 中 ま ル ギ が 持 か 続 も 達 と  `  近 か に 
   味 し 荒 な を 変 ッ そ 警 く 横 に つ ソ を 結 っ ら け 忘 は て や   い う 降 
   は て 川 っ 使 わ コ う 報 る を 入 ら ン 見 合 て 発 て れ  `つ は   高  °っ 
   あ  `口 て っ ら 軌 だ が 人 流 り れ 株 な し い す 欲 て そ も り   塚 木 て 
   り 子 に い て な 道  °出 を れ  `て が が た る る し た の な 立   小 々 き 
   ま ど 到 っ 遊 い に   て ほ る そ い 現 ら 夫  °オ い だ 巨 い 派   屋 の た 
   し も 着 た び  °出   お と 沢 の る れ 木 婦   | と 呆 大 エ な   に せ  °
   た 達  ° °な 子 た   り ん の 大  °た 道 杉   ラ 思 然 さ ネ 舞   到 い 午 
   が は   2 が ど  °   `ど 流 き そ  °を  `  は い と に ル 台   着 か 前 
    `何   時 ら も 道   縄 見 れ さ の 切 下 大   強 な 見 び ギ に    °あ 6 
   押 を   間 歩 達 は   文 な は に 脇 り り 王   烈 が て っ | で   そ ま 時 
   し 感   3 い も 平   杉 い 益 圧 か 株 続 杉   で ら い く を る   こ り  `
   つ じ   0 て 最 坦   を  °々 倒 ら の け  `  あ 子 る り 感  °  か 雨 朝 
   け た   分 い 初 と   見 後 激 さ 湧 中 る 翁   り ど  ° °じ 世   ら を 食 
   が の   歩 た は な   に か し れ き は  °杉   い も そ 言 る 界   5 感 も 
   ま だ   い が 山 り   来 ら く て 水 1 開 と   ろ 達 の 葉 大 遺   分 じ 早 
   し ろ   て  `道 黙   る 聞 な い が 0 け い   ん を 気 が 木 産   で な 々 
   く う   や 3 か 々   人 い っ た 出 畳 た う   な 黙 持 で が の   縄 い に 
   思 か   っ 0 ら と   は た て  °て ぐ 場 屋   人 っ ち な 現 賜   文  °薄 
   い ?   と 分 解 歩    `話 き   い ら 所 久   に て を い れ か   杉 1 暗 
    `                                       °  ?