霧島山・韓国岳 宮崎県
標高1700m
2005年3月
9歳
 登   な シ よ   る の 林   ゼ の も   場 を ン   に あ 終   
 っ 今 っ マ う 登  °国 道 駐 ン ア の 本 に 抱 タ 途 道 る 日 い 
 て 日 て な に 山   の に 車 も イ よ 当 つ き カ 中 路 え  °よ 
 い も い ど 標 道   よ 覆 場 リ テ う に い な l  `に び 霧 い 
 く ガ る の 識 は   う い か ッ ム に  `た が で 除 雪 の 島 よ 
  °ス  °草 も し   な 被 ら ク に カ こ ら ら  `雪 が 高 神  `
 昨 で   木 あ っ   フ さ つ へ お ッ こ 一 え チ 用 つ 原 社 今 
 日 乳   に る か   ァ る つ  °世 パ は 面 び ェ の い に の 日 
 の 白   霧  °り   ン 木 じ   話  `九 の の l ブ て 向 近 が 
 阿 色   氷 6 し   タ 々 ヶ   に ス 州 銀 高 ン ル き か く 九 
 蘇 の   が 合 て   ジ は 丘   な パ か 世 原 は ト た う の 州 
 山 世   つ 目 お   ッ  `公   っ ッ ? 界 に 積 l  ° °宿 に 
 よ 界   き あ り   ク 霧 園   た ツ と  °進 ん ザ   え を あ 
 り の   珊 た  `  な 氷 を   こ を 思   む で l   び 出 る 
 寒 中   瑚 り 途   世 を 通   と 着 う    °い と   の て 日 
 く を   礁 か 中   界 身 っ   は け ほ   え な す   高  `本 
 感 淡   の ら 何   を に て   な る ど   び い れ   原 韓 百 
 じ 々   よ  `合   醸 ま 登   い  °の   の  °違   に 国 名 
 る と   う ミ 目   し と 山    °今 景   高 一 う   近 岳 山 
  °登   な ヤ か   出 い 道   当 回 色   原 抹  °  づ 登 登 
 一 山   様 マ わ   し ガ に   然 ほ  °  の の 車   く 山 山 
 瞬 道   子 キ か   て ラ 入   ア ど い   駐 不 は   ほ 口 の 
 青 を   に リ る   い ス る   イ こ つ   車 安 レ   ど の 最 
                    °                        

   
   
   
 南 
 国 
 宮 
 崎 
 で 
 霧 
 氷 
 の 
 霧 
 島 
 山 
 ・ 
 韓 
 国 
 岳 
   
   
   
   
   
   

 間┌┐て   た   に   く れ く 峰 
 学 帰 き 5  °鹿 着 こ つ て て  `
 校 宅 た 日 充 児 い の か  ` `そ 
 を 後  °間 実 島 た あ 見 え 長 し 
 休  `  で し 空 と た え び 居 て 
 ん 大   九 た 港 き り る の は 韓 
 で 腸   州 5 ま に 一  °高 で 国 
 し 末   に 日 で は 帯   原 き 岳 
 ま 端   あ 間 行  `が   全 ず の 
 っ 炎   る で く す 火   体  `迫 
 た に   日 あ 途 で 山   が 早 力 
  °か   本 っ 中 に で   見 々 あ 
 ま か   百 た で 雪 出   渡 に る 
 だ り   名  °地 は 来   せ 下 噴 
 ま  `  山   元 ほ た   る 山 火 
 だ 病   五   の と 地   よ  °口 
 か 院   座   温 ん 形   う 6 も 
 な で   登   泉 ど で   に 合 一 
 ? イ   頂   に 消 あ   な 目 瞬 
└┘ン   成   入 え る   っ に 見 
   フ   功   り て こ   た 降 る 
   ル   !   5 い と    °り こ 
   エ   岳   日 た が   不 て と 
   ン   史   間  °よ   動 き が 
   ザ   も   の   く   池 た で 
   を   た   疲   わ   な 頃 き 
   も   く   れ   か   ど か た 
   ら   ま   と   る   火 ら  °
   っ   し   汗    °  口 ガ 頂 
   て   く   を   駐   湖 ス 上 
   1   な   流   車   が が は 
   週   っ   し   場   い 晴 寒 
                         

 フ   東 す 岳   が て 路   の 空 
 ォ ガ に る 史 や 積 も 状 頂 コ が 
 l ス 高  °は は み 頂 態 上 ン 現 
 カ が 千 ガ 風 り 重 上 と 付 ト れ 
 ス 薄 穂 ス よ  `な 直 な 近 ラ た 
 が く 峰 が け 冷 っ 下 っ は ス 時 
 か な が な と た た に て  `ト  `
 か っ 見 け な い よ 出 い い が そ 
 っ た え れ る 風 う る る く 見 の 
 た ほ る ば 岩 が な  °が つ 事 青 
 大 ん は 眼 陰 す 所 頂  `も で さ 
 浪 の ず 下 を こ の 上 ど の あ と 
 池 少  °に 見 ぶ 天 は の 道 っ 純 
 と し   大 つ る 辺 大 道 が た 白 
 高 の   浪 け 強 に き を あ  °の 
 千 間   池 休 い あ な 使 り   霧 
 穂  `   `憩  °る 岩 っ 迷   氷 
              °