池山 長野県駒ヶ根市
標高1774m
2002年8月
7歳
 の え さ 登   う 蝶 休 ウ 性 そ 植 岩   道 り の   は 畳 施 駒   
 展 な れ 山 池 ま を 憩 ス 動 こ 林 窟 車 終 雑 駐 今 静 敷 設 ヶ 中 
 望 く た 道 山 く 見 を が 物 に の 入 止 点 木 車 回 か ロ や 根 央 
 が 頂 道 は の い つ 取 あ 観 は 中 口 め の 林 場 は で | ハ 市 ア 
 き 上 を 左 登 か け る る 察 鷹 を か を 駐 の よ 池 手 プ イ で ル 
 く に  `に 山 な て  ° °棟 打 上 ら 過 車 中 り 山 頃 ウ キ は プ 
 は 到 右 行 道 い  `子 こ と 場 が は ぎ 場 の 登 林 な エ ン 野 ス 
 ず 着 に く は  °捕 ど こ い と っ 大 る だ 道 山 道 里 イ グ 生 空 
 だ  °左  °真   ま も で う い て き と  °を 開 終 山 に コ 動 木 
 が 頂 に ク っ   え 達 子 茶 う い く 平   進 始 点 の 人 | 植 岳 
  `上 登 マ 直   よ は ど 色 標 く 右 坦   む  °の 散 気 ス 物 の 
 あ か っ ザ ぐ   う  `も の 識 と に な   と 三 駐 歩 が を の 登 
 い ら て サ で   と あ 達 ピ が  `回 道    `本 車 が 集 整 観 山 
 に 空 い の  `  す ま が カ あ 十 り が   突 木 場 楽 中 備 察 ル 
 く 木 く 中 空   る り 待 ピ り 字 込 続   然 地 よ し す し な | 
 ガ 岳 と の 木   が 見 ち カ  `路 ん く   開 蔵 り め る て ど ト 
 ス ・  `よ 岳   な か に の 右 に で  °  け の 一 る が い の 脇 
 で 駒 あ く 方   か け 待 ロ 側 出  `籠   る 横 つ 山  `る た に 
 よ ヶ っ 整 面   な な っ グ に る 松 ケ    °を 手 だ こ  °め あ 
 く 岳 け 備 の   か い た ハ 野  °の 沢   林 通 前  °こ 千 に り 
                                            ` `

 静 
 か 
 な 
 里 
 山 
 ハ 
 イ 
 キ 
 ン 
 グ 
   
 池 
 山 
   
  
 で   て と と と   に 大 下   な プ 
 し 子  `対 の  `林 と き 山 時 い ス 
 た ど ボ 峙 距 ボ 道 群 な す 期  °方 
 が も ス し 離 ス に が 木 る 的   面 
  `達 猿 た を 猿 出 る を  °に   は 
 私 は も  °5 が る  °く 群 は    `
 に め 群 群 m 私 手 水 り 生 ち   霞 
 と っ れ れ ぐ に 前 の ぬ 地 ょ   が 
 っ た の が ら 牙 で 味 い の と   か 
 て に 後 十 い を  `は た 横 遅   か 
 は 見 を 分 ま 剥 猿 な 水 に い   っ 
 ド ら 追 な で き の か 場  `ヤ   て 
 キ れ っ 距 詰 出 集 な が ど ナ   い 
 ド な た 離 め し 団 か あ こ ギ   る 
 キ い  °を て 威 と 評 る か ラ   よ 
 体 光   逃 き 嚇 遭 判  °ら ン   う 
 験 景   げ て を 遇 が 子 引 の   に 
 で に   た  `し  °良 ど い 群   は 
 し 満   の し て 林 い も て 生   っ 
 た 足   を ば き 道 み 達 い 地   き 
  °の   確 ら た に た は る を   り 
   よ   認 く  °出 い 我 の 通   見 
   う   し 私 私 る だ 先 か り   え 
                °   `      

   い し が 見 岳 ガ 弁 食 し   見 
 残 た て 里 え ・ ス 当 べ て ガ え 
 念  °い へ る 宝 が を る  `ス な 
 な   る の  °剣 薄 食 こ 昼 が い 
 が   よ 出 ト 岳 く べ と 食 消  °
 ら   う 陣 ン が な 終 に の え   
  `  に の ボ な り え す お る   
 南   飛 待 の ん  `る る 弁 の   
 ア   ん 機 群 と 空 頃  °当 期   
 ル   で を れ か 木  `お を 待