伊吹山 滋賀県伊吹町
標高1377.3m
1998年9月
3歳3ヶ月
 
 像 約 て の 運 三 だ   で 央 山   ら 山   せ 日 で 頂 る 古 ひ   
 の 3  `朱 動 歳 が 中 の 遊 ド 今 し が 深 る 本 は 上 ほ 事 と 滋 
 前 0 頑 里 を の  `央 コ 歩 ラ 回 い 見 田  °ア  `付 ど 記 つ 賀 
 で 分 張 は 強 岳 直 遊 | 道 イ は  °え 久   ル 琵 近  °や に 県 
 手 後 っ 頂 い 史 登 歩 ス で ブ 岳   た 弥   プ 琶 に 古 日 数 下 
 を に て 上 ら の 階 道 を 頂 ウ 史   こ が   ス 湖 広 来 本 え 最 
 合 頂 登 の れ 足 段 は と 上 ェ が   と 登   な  `が よ 書 ら 高 
 わ 上 っ 売 る の コ 最 っ  `イ 三   か 頂   ど 比 る り 紀 れ 峰 
 せ に て 店 し 長 | 短 た 帰 を 歳   ら し   の 良 花 薬  `て の 
 る 到 い の ご さ ス 時  °り 利 と   伊 た   雄 山 畑 草 日 い 伊 
  °着 く 存 き で な 間   は 用 い   吹 時   大 系 は や 本 る 吹 
 頂  ° °在 の は の で   西 し う   山  `  な  `幻 高 武  °山 
 上 頂   に 階  `で 頂   遊 て こ   を た   大 濃 想 山 尊 そ は 
 は 上   活 段 こ  `上   歩  `と   百 ま   パ 尾 的 植 伝 の  `
 あ の   路 と の 急 ま   道 駐 も   名 た   ノ 平 で 物 承 歴 日 
 い 日   を な 階 坂 で   で 車 あ   山 ま   ラ 野 あ の に 史 本 
 に 本   見 っ 段 に 行   駐 場 り   に 故   マ  `る 宝 も は 百 
 く 武   い た は な け   車 か  `  加 郷   が 伊  °庫 登 古 名 
 ガ 尊   だ  °全 る る   場 ら 伊   え の   見 勢 頂 で 場 く 山 
 ス の   し 姉 身  °の   ま 中 吹   た 白   渡 湾 上  `す  `の 
                                    `          
 初 
 め 
 て 
 の 
 日 
 本 
 百 
 名 
 山 
   
 伊 
 吹 
 山 
 
●コースタイム
東遊歩道  :頂上まで60分
中央遊歩道 :頂上まで20分
西遊歩道  :頂上まで50分
 一 の   ら 力   い 9   
 つ 階 頂 追 と 子 た 月 西 
 伊 段 上 い 遊 ど  °と 遊 
 吹 を よ か び も   い 歩 
 山 下 り け な 達   う 道 
 の り 3 る が は   こ は 
 登 る 0 親 ら  `  と  `
 頂 と 分 の 下 下   も 道 
 成 ゴ ほ 姿 山 り   あ 幅 
 功 | ど が し の   り も 
  °ル で あ て 坂    `広 
    °駐 っ い 道   ド く 
   と 車 た く で   ラ 傾 
   り 場  ° °小   イ 斜 
   あ が   後 走   フ も 
   え 見   ろ り   ラ 緩 
   ず え   か に   ワ や 
   日 て   ら 走   | か 
   本 く   心 り   化  °
   百 る   配 な   し お 
   名  °  し が   て 花 
   山 最   な ら   き 畑 
   の 後   が 重   て は 
                   
 う に   よ 穂 れ の え ガ し が く う で 
  °つ 巨 う に や 景 る ス ば  `感 強 真 
   き 大 だ 興 巨 色  °が ら 当 じ い っ 
   あ オ  °味 大 よ 子 切 く の 岳  °白 
   い オ   を な り ど れ す 本 史 体  °
   下 バ   も オ ト も て る 人 を 感 風 
   山 コ   っ オ ン 達 下 と は 心 温 も 
   に の   て バ ボ は 界  `平 配 度 け 
   向 相   い コ の  `が 時 気 す が っ 
   か 撲   る の 群 そ 見 々 顔 る 寒 こ 
                      °