鳩吹山 岐阜県可児市
標高313.5m
2003年9月
8歳
 る 雨   く っ く   約 も   な 岳 吹 っ   今 途 前   い の く   
 尾 が 休 っ て り こ 2 う 登 が 史└  て ト 日 中 8 真 の 中 山 い 
 根 本 憩 て い カ の 0 す り ら は の 行 イ の で 時 禅 を の ・ つ 
 道 降 所 い る レ 休 分 ぐ 坂 雨  `お く レ 山  `に 寺 承 登 鳩 も 
 を り を っ で ン 憩  °頂 が の 図 墓  °横 で 一 出 登 知 山 吹  `
 足 に 後 た は ダ 場   上 緩 中 工 の 振 の 出 人 発 山 の 訓 山 長 
 下 な に の な | で    °や を で 団 り 登 会 下  °者 上 練  °丁 
 に っ し か い が 一   頂 か 進 使 地 向 山 っ 山 登 用 で を 今 場 
 注 て て ? か あ 休   上 に む う が け 口 た し 山 駐 出 す 回 の 
 意 き 頂    °る み   手 な  °落 視 ば か 唯 て 口 車 か る は 登 
 し た 上   朝  ° °  前 る   ち 界  ┐ら 一 く に 場 け た  `山 
 な  °か   す ち こ   の と   葉 い メ 急 の る あ を る め 屋 の 
 が ア ら   れ ゃ の   大 鉄   や っ モ な 人 女 る 雨  ° `久 前 
 ら ッ 縦   違 ん 休   天 塔   ど ぱ リ 階 だ 性 ト が   あ 島 に 
 進 プ 走   っ と 憩   神 が   ん い ア 段 っ と イ 降   え 縦 足 
 む ダ ル   た 日 所   休 見   ぐ に ル 状 た す レ り   て 走 慣 
  °ウ |   女 に に   憩 え   り 広 パ の  °れ に 始   天 の ら 
   ン ト   性 ち は   所 て   を が | 坂   違 向 め   気 前 し 
   の へ   が が 日   ま く   拾 る ク を   う か た   が に に 
   あ  °  め あ め   で る   い  °鳩 登    °う 午   悪 雨 行 
                    °                          

 豪 
 雨 
 の 
 中 
 の 
 登 
 山 
 訓 
 練 
   
 鳩 
 吹 
 山 
   
  
   て 子 達 の   後 吹 雨 回   を 
 屋 き ど に 流 林 の 山 が は し 興 
 久 た も  ┐れ 道 階 か 小 休 ば 味 
 島  °達 大 が を 段 ら 降 憩 ら 深 
 縦 こ は 雨 山 駐 を 降 り 所 く げ 
 走 れ  ┐の 肌 車 降 り に に す に 
 ・ な 幻 時 か 場 り て な 寄 る 見 
 宮 ら の し ら の る き っ ら と て 
 之  `滝 か 幾 方 と た て ず 西 い 
 浦 屋 だ 見 筋 へ 西 縦 き に 山 た 
 岳 久 ね ら も 向 山 走 た  `休  °
 登 島  °れ の か 登 ル  °西 憩   
 山 の└  な 滝 っ 山 | 左 山 所   
 が 縦 と い と て 口 ト 手 登 の   
 楽 走 口 滝 な 行 に の 上 山 標   
 し も を だ っ く 出 稜 方 口 識   
 み 大 揃 よ て と る 線 に の が   
 に 丈 え  °い  ` °が 目 方 出   
 な 夫 て└  る 山   見 を に て   
 っ  °言 と  °か   え や 降 き   
 て   い 言 子 ら   る る り た   
 来   返 う ど の    °と る  °  
 た   し と も 水   最 鳩  °今   
  °                      

 が っ   だ  ┐に 流 に と ろ 第   
 滝 て 子  °ど ど れ な な  `2 縦 
 に 道 ど   ん ん て り っ 集 ル 走 
 な が も   ぐ ぐ く  `た 中 | ル 
 っ 川 達   り り る ど  °豪 ト | 
 て に は   コ も  °ん 登 雨 に ト 
 行 な  `  ロ  °水 ど 山 的 入 か 
 く り 雨   コ ま と ん 道 な っ ら 
 様 段 に   ロ さ 一 水 は 大 た 西 
 子 差 よ  └  に 緒 が 川 雨 こ 山