鉢伏山 長野県松本市
標高1928.5m
1997年9月
2歳3ヶ月


 ナ   す え ッ 好 遊 さ   土 足 ボ た ボ 背 を   ら   9 マ お   
 デ 遊 ば 富 チ つ 歩 れ 駐 が 跡 ッ た ッ 負 信 だ ぼ 先 2 ツ 椀 中 
 シ 歩 ら 士 山 け 道 て 車 小 が チ め チ っ 濃 い っ ず 8 ム を 央 
 コ 道 し 山 の て を い 場 泉 諏 山  `の て ま だ ち は ・ シ 伏 高 
 な の い  `山 も 歩 る に 山 訪  `し あ 持 で ら└   `5 草 せ 速 
 ど 両 展 中 頂 駐 き 牛 車  `湖 立 ば る っ 運 ぼ が 民 m で た 道 
 色 脇 望 央  °車 高 を を 大  `ち り あ て ぼ っ 残 話└  有 よ の 
 ん に で  `山 場 ボ 見 置 泉 再 上 直 た き う ち る の で 名 う 諏 
 な は す 南 頂 か ッ な き 山 度 が そ り た と の 高  ┐あ な な 訪 
 花 ハ  °ア か ら チ が 高 に 背 る う で の 藤 民 ボ だ る 花 形 近 
 が ク   ル ら 1 山 ら ボ な 負 時 と 藤 だ の 話 ッ い  °の の く 
 咲 サ   プ は 0 頂 進 ッ っ っ に 腰 の そ 蔓 で チ だ   百 山 に 
 き ン   ス  `分 上 む チ た た 踏 を 蔓 う で は 山 ら   名 が 来 
 誇 フ    `諏 ほ を  °山 と 山 ん お が で そ  `へ ぼ   山 見 る 
 る ウ   八 訪 ど 目 お へ い か 張 ろ 緩 す の 京  °っ    ┐え と 
 お ロ   ケ 側 登 指 花 出 う ら っ し ん  °山 都   ち   鉢 る 北 
 花  `  岳 が る す 畑 発 こ こ て た で 途 を に   ・   伏  °の 
 畑 カ   ・ よ と  °の  °と ぼ 出 山 し 中 し あ   で   山 こ 方 
  °ワ   ・ く 高 と 中 放 で れ 来 が ま  `ば る   い     れ 角 
 朱 ラ   ・ 見 ボ 格 の 牧 す た た 高 っ 高 り 山   だ   1 が に 
        °           °           `           ` `

 マ 
 ツ 
 ム 
 シ 
 草 
 さ 
 く 
 鉢 
 伏 
 山 
 ∫ 
 高 
 ボ 
 ッ 
 チ 
 高 
 原 
  
●コースタイム
岡谷インター〜15分〜塩嶺峠登山口〜15分〜高ボッチ高原〜15分〜鉢伏山荘〜30分〜頂上〜30分〜鉢伏山荘〜15分〜高ボッチ〜20分〜崖の湯〜20分〜塩尻北インター
 て   し と ら   ほ 乱 急 
 帰 雨 て 朱 北 頂 ぼ れ な 
 路 乞 遊 里 ア 上 平 て 坂 
 に い ん は ル 付 坦 い 道 
 つ の で  `プ 近 な た が 
 く 神 い こ ス に 道  °続 
  °事 る の ま は を 急 く 
   が  °展 で 展 ま な  °
   行   望 の 望 っ 坂 道 
   わ   台 大 台 す 道 の 
   れ   の パ が ぐ が 両 
   て   階 ノ 作 進 終 側 
   い   段 ラ ら む わ に 
   る   を マ れ  °る は 
   と   登 が て   と マ 
   い   っ 楽 お   あ ツ 
   う   た し り   と マ 
   石   り め  `  は シ 
   仏   降 る 八   頂 草 
   群   り  °ヶ   上 が 
   を   た 岳 岳   ま 咲 
   見   り 史 か   で き 
                   

 く 駐 駐 場   に で 法 到 小  ┐里 
  °車 車 ま 車 向 一 で 着 さ お も 
 道 場 料 で で か 休 先 し い 花 そ 
 は か 金 移 鉢 う み 頭 よ な つ の 
 広 ら を 動 伏  °し を う が み 影 
 い 遊 取  °小   た 歩 と ら└  響 
 け 歩 ら し 屋   後 く ピ 一  °の 
 ど 道 れ っ の   鉢  °ッ 番 岳 せ 
 結 を た か 駐   伏 頂 チ 先 史 い 
 構 歩  °り 車   山 上 走 に は か