四阿山 長野県
標高2354m
2005年7月
10歳
 け ら る   始 一 グ   っ は や   え   っ 用 を   向 だ 野   
 ば に か 一 め 望 ン 北 て 牧 馬 午 何 標 て の 張 菅 か  °県 7 
 も 生 上 つ て で 高 ア い 場 を 前 度 高 こ シ り 平 う 高 上 月 
 う え に め い き 度 ル き の 右 6 か 1 な ャ 寝 牧  °速 田 2 
 中 て 見 の た る を プ 最 横 に 時 目 6 か ケ る 場   か 市 7 
 四 い え ピ  ° °稼 ス 初 を 左 テ を 0 っ ッ 準 の   ら は 日 
 阿 る る l   道 ぐ が の 通 に ン 覚 0 た ト 備 駐   降 私 夕 
 に 草  °ク   端 道 木 展 る 見 ト ま m  °を を 車   り が 方 
 着 原 一 が   に と 々 望  °な を す と   羽 す 場   て か 5 
 い に 旦 小   は な の の や が 撤  °い   織 る に   見 つ 時 
 て シ 下 四    `り 上 効 が ら 収 自 う   る  °着   覚 て に 
 い ュ っ 阿   気  `に く て 登 し 業 こ    °空 い   え 勤 家 
 る ロ て だ   の 振 現 広 沢 山 て 自 と   夏 を た   の め を 
  °ソ 登  °  早 り れ 場 を 口  `得 を   と 見 の   あ て 出 
 こ ウ り 次   い 返 て に 渡 へ 四 っ 忘   い 上 は   る い 発 
 こ が 返 の   マ れ い 出 っ 進 阿 て れ   う げ 午   地 た し 
 か 現 す ピ   ツ ば る る て む 山 と て   こ る 後   名 会  `
 ら れ 道 l   ム 菅  ° °か  °に こ い   と と 9   や 社 信 
 の 始 だ ク   シ 平 稜   ら 登 向 ろ た   で 満 時   景 の 州 
 展 め  °で   ソ 周 線   林 山 け か  °  私 天  °  色 工 菅 
 望 る シ あ   ウ 辺 に   道 口 出  °朝   だ の 駐   を 場 平 
 も  °ラ る   が の 向    `か 発   方   け 星 車   確 が を 
 素 ふ ビ 中   何 ス か   登 ら  °   `  が  °場   認 あ 目 
 晴 と ソ 四   輪 キ っ   山 し 牧   足   寝 寒 に   し る 指 
 ら 気 が 阿   か l て   道 ば 場   下   袋 い テ   な と す 
 し が ま が   咲 場 グ   と ら の   が   を  °ン   が こ  °
 い 付 ば は   き が ン   な く 牛   冷   持 冬 ト   ら ろ 長 
  °                                          

   
   
   
 さ 
 わ 
 や 
 か 
 信 
 州 
   
 四 
 阿 
 山 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

 ら ク     大 を ば で   り れ   
 せ リ 出 と 変 保 れ 女 頂  `ば 緩 
 た l 発 て だ と 少 子 上 遠 頂 や 
  °ム 地 も  °う 年 高 か く 上 か 
   を 点 素 お と└  校 ら は に な 
   味 の 晴 父 し と 生 の 富 到 道 
   わ 駐 ら さ て か の 景 士 着 を 
   っ 車 し ん い け 集 色 山 す 進 
   て 場 い の る 声 団 を の る む 
   か に 山 趣 の が が 十 シ  °と 
   ら 着 で 味 が か 休 分 ル 頂  `
    `い あ に よ か 憩 堪 エ 上 目 
   パ た っ つ く る し 能 ッ か の 
   ン の た き わ  °て し ト ら 前 
   を が  °あ か 岳 い て が は に 
   か 丁 ま わ る 史 る か 望  `木 
   じ 度 た さ  °は  °ら め 眼 の 
   り お  `れ 羨 照 女 下 た 前 階 
   な 昼 違 て ま れ 子 山  °に 段 
   が の う└  し な 高 に 3 噴 が 
   ら 1 季 と い が 校 か 時 煙 現 
   草 2 節 い  °ら 生 か 間 を れ 
   津 時 に う そ ポ か る の 上 る 
   白  °訪 小 の l ら  °登 げ  °
   根 牧 れ 声 後 カ 岳 途 り る こ 
   山 場 て が  ┐l 史 中 で 浅 れ 
   へ の み 耳 お フ へ  `あ 間 を 
   車 ソ た に 母 ェ  ┐中 っ 山 登 
   を フ い 入 さ l が 四 た が り 
   走 ト  °る ん ス ん 阿  °迫 き 
          °              

 ヤ ク 蝶 場   て こ と   そ が こ 
 マ チ が 所 そ  `の 背 中 り ら こ 
 カ ョ 多 だ れ 四 道 丈 四 立 朝 で 
 ラ ウ い  °に 阿 を ま 阿 っ 食 3 
 ス も こ タ し 山 登 で を て を 6 
 ア い と テ て の り あ 後 い 取 0 
 ゲ た  °ハ も ピ き る に る る 度 
 ハ  °初 チ 植 l る 笹 し  ° °の 
 と ま め ョ 物 ク と の  `  横 景 
 も た て ウ と が 広 中 し   に 色 
 遭  `み 科 蝶 望 い の ば   根 を 
 遇 美 る の が め 平 道 ら   子 楽 
 し し ク 仲 豊 る 原 と く   岳 し 
 た い ジ 間 富  °に な 進   が み 
  °ミ ャ の な   出 る む   そ な 
                °