阿蘇山・中岳・高岳 熊本県
標高1596m
2005年3月
9歳
 史 か   だ れ 途   の 態   コ ロ   き 二   早 や   い 宿 ウ   
 が う こ け て 中 風 オ と ロ ツ l ハ る 人 駐 め は 知 て の ェ 本 
 飛  °こ が い に が ブ な l コ プ イ  °組 車 に り 人 い ご イ 来 
 ば 痩 か 火 る 噴 少 ジ っ プ ツ の キ ロ に 場 宿  `に な 主 を な 
 さ せ ら 山  °火 し ェ て ウ と 張 ン l 再 に を 運 携 い 人 利 ら 
 れ た が で 展 時 弱 と い エ 単 り グ プ 度 着 出 転 帯 よ に 用 霧 
 な 尾  `あ 望 の ま な た イ 調 替 道 ウ あ く て し で う 聞 し 島 
 い 根 本 る 所 た る っ  °火 な え と ェ っ と 仙 て 連 だ く て 山 
 よ を 格 こ か め の て ま 口 坂 作 な イ た  `酔 い 絡  °と 楽 の 
 う 登 的 と ら の を い わ 東 道 業 っ 沿  °前 峡 な を   ど ち 移 
 に り な を は 避 待 た り 駅 を を て い 風 日 に い 取   う ん 動 
 手 始 登 感  `難 っ  °に に 登 し い の が 祖 向 よ り   も 登 日 
 を め 山 じ 霧 シ て   あ 到 っ て る 舗 強 母 か う  `  ロ 山 で 
 握 る 道 さ で ェ  `  る 着 て い が 装 く 山 う だ ネ   l の も 
 り と と せ 噴 ル 火   枯 し い る  `さ  `で  ° °ッ   プ 予 あ 
 突 突 な る 煙 タ 口   れ た く ロ か れ 時 唯   楽 ト   ウ 定 り 
 風 風 る  °は l 東   た 時  °l な た 折 一   ち で   エ で  `
 を が  °  見 が 展   草 は   プ り 道  `出   ん 確   イ あ 仙 
 や 吹 先   え い 望   は  `  ウ の を 氷 会   登 認   は っ 酔 
 り い ず   な く 所   霧 吹   エ 急 進 が っ   山 し    `た 峡 
 過 て は   い つ に   氷 雪   イ 坂 む 顔 た   を て   工  °か 
 ご き 中    °か 向   が に   を の  °を お   あ も   事 し ら 
 し た 岳   に 設 か   付 近   横 連   叩 じ   き ら   中 か ロ 
 な  °に   お け う   き い   目 続   き さ   ら う   で し l 
 が 岳 向   い ら  °  別 状   に  °  つ ん   め と   動  `プ 
                                    `          

   
   
 強 
 風 
 と 
 ガ 
 ス 
 の 
 中 
 の 
 霧 
 氷 
 輝 
 く 
 阿 
 蘇 
 山 
 ・ 
 中 
 岳 
 ・ 
 高 
 岳 
   

 州   下 地   冷 ド 言   道 蘇 望 な 
 の 今 っ の 下 凍 リ う 仙 を 山 を い 
 最 日 て 山 に 庫 ン よ 酔 進 が 楽  °
 終 は よ 肌 駐 に ク り 尾 む 九 し 高 
 日  `う に 車 近 を 岩 根  °州 み 岳 
  `こ や 変 場 い 飲 場 分   の な ま 
 霧 れ く わ が 状 も で 岐   ヘ が で 
 島 か 駐 っ 見 態 う あ に   ソ ら の 
 山 ら 車 た え の と る 立   っ 進 コ 
 ・ 宮 場 と る 中 し  °つ   て む l 
 韓 崎 に こ が で た 途 と   感  °ス 
 国 県 到 ろ  `登 が 中  `  じ 高 は 
 岳 の 着 で な 山 凍  `腰   が 岳  `
 に 霧  ° `か し っ 休 が   よ の 北 
 登 島   舗 な て て 憩 引   く 頂 ア 
 山 神   装 か い 少 を け   わ 上 ル 
 で 社   さ 近 る し 入 そ   か で プ 
 す の   れ づ の し れ う   る は ス 
  °近   た い だ か  `な    ° `の 
   く   ハ て と 口 リ 急   仙 3 縦 
   の   イ こ 実 に ッ な   酔 6 走 
   宿   キ な 感 入 ク 下   尾 0 コ 
   に   ン い し ら に り   根 度 l 
   向   グ  °た な 入 と   分 の ス 
   か   道 溶  °い っ な   岐 展 な 
   う   に 岩    °て っ   へ 望 よ 
    °  入 の   寒 い て   と と う 
   明   る 山   い る い   快 な な 
   日    °肌   は ス る   適 っ 感 
   は   惰 か   ず ポ  °  な た じ 
    `  性 ら   だ l 道   登  °で 
   九   で 草    °ツ と   山 阿 展 
                           

 何   一 に き   だ 境 も が   ら 
 し 記 変 な て 中  °だ の 付 中 登 
 ろ 念 し っ  `岳   か で い 岳 る 
 寒 撮  `た 火 の   ら あ た に  °
 く 影 雄  °口 標   こ っ 景 近   
 て を 大 今 か 識   そ た 色 づ   
 長 し な ま ら が   美  °と い   
 時 て 景 で の 現   し し な て   
 間 す 色 の 噴 れ   い か り く   
 じ ぐ が 乳 煙 た   景 し 厳 る   
 っ に 目 白 も  °  色  `冬 と   
 と 高 の 色 見 ガ   が こ 期  `  
 し 岳 前 の ら ス   見 の の 溶   
 て に に 世 れ も   ら 厳 景 岩   
 い 向 現 界 る 切   れ し 色 に   
 ら か れ か よ れ   る い そ 霧   
 れ う た ら う て   の 環 の 氷   
    ° °